滋賀県長浜市にある財団法人 「湖北水源の郷づくり」の公式ホームページです。
暮らしのQ&A(電話帳)
催しのご案内(最新の内容)
催しのご案内(一覧)
催しのレポート
市民活動のご紹介
施設とお店のご紹介
 
 
 

(運営方針)

一般財団法人湖北水源の郷づくりは、新長浜市の誕生を機に、地理的・自然的条件により、過疎高齢化が進む集落を抱える市の縁辺地域の活性化と地域住民の福祉の向上をめざす財団として再編スタートし、5年目を迎えるとともに、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の改正に伴い、平成25年度から「一般財団法人」として事業を展開することとなった。
さて、当財団は、これまでから地域の過疎・少子化・高齢化から生じる集落の生活機能の低下や後継者不足等による農業の衰退、支所や商工会、観光協会等の合併に伴う公的機能の大幅な低下、地域産業の衰退に伴う雇用の激減等の地域課題について、地域住民や活動団体が主体となった取組が進められるよう支援事業を展開してきた。
平成25年度においても、地域住民や活動団体が行政等と協働して主体的に新しい公共を
担おうとする取り組みや、 自らの意志と行動で地域を創造していこうとする取り組みなどを支援し、この地域の自立と活性化に向けた事業を展開することとする。
また、新たに一般財団法人として事業を展開することから、これまで以上に財団運営の持続性と安定性の維持が求められるため、経費節減や事業の効率的な運営はもちろん、財団運営基盤の強化につなげるため、地域の特性や資源を活かした収益性のある事業の実現化に取り組むこととする。



(事  業)

1.地域住民・団体等の活動を支援し、元気な地域社会の形成

長浜市市民自治基本条例に位置付けられる「地域づくり協議会」もいよいよ実践活動が展開されようとしている。そこで、地域づくり協議会をはじめとする市民活動団体を支援し、持続可能で元気な地域社会の形成につながるよう、中間支援組織としての役割を担っていくこととする。

(事業内容)
(1)水源の郷研修会の開催
新しい公共の担い手が求められなか、市民活動団体等は重要な役割を担うことから大い
に期待されている。そこで市民活動団体等が地域の様々な課題解決に向けて取り組めるよ う、情報交換と研修の場を提供する。

■水源の郷まちづくり研修会:3回程度開催。共通する課題や問題について、講義や実践事例報告等

(2)水源の郷市民事業サポートイベントの開催支援
住民が主体となって、地域課題の解決を図ることを目的に各種事業に取り組むグループの活動を支援する。

■「芸術村IN余呉 」や健康マラソン、余呉大学など地域活性化に向けた市民イベントの開催支援
■余呉町において気軽にまちづくりを語り合う「井戸端会議」の開催
■平成24年度に新たに設けた「水源の郷振興基金まちづくり支援事業補助金」の活用によ る地域活性化事業の支援
■余呉湖さくらまつりやはごろもアートフェスタ、出前落語講座等地域活性化イベントの支援



2.都市との交流と応援で田舎暮らしを続ける、元気な集落の形成

年々高齢化が進むことでコミュニティ機能が低下することは否めない。そこで、多様な団体等と連携し、共通する課題や問題の解決をめざすとともに、都市生活者との交流を深めて田舎暮らしの良さを伝え、 新たなライフスタイルを求める都市生活者の移住を導く活動など、地域住民の手による集落機能を回復させようとする取り組みを支援し、安心して暮し続けられる元気な集落づくりの活動を応援する。

(事業内容)
(1)元気な集落形成活動への支援
過疎、高齢化による共通の課題や問題について、地域が力を合わせて集落機能や生活機能の維持を図るとともに、豊かな自然環境、美しい景観、素朴な生活文化といった地域の魅力を活かしたまちづくり活動を支援する。また、「買い物難民対策」として関係団体と連携し「移動コンビニ」を実施するほか、人手不足により実施が困難となる集落機能を維持する共同作業や災害防止・復旧作業など、都市部からの応援ボランティアを受け入れる社会福祉活動に対する協力・支援を行う。

■日常品買物環境整備:移動コンビニの開設
■集落維持活動への協力:学生ボランティア活動支援、広域支援受入体制づくりの検討
■美しい景観創造のための緑化事業の助成
■各諸団体が計画している管並地区の活性化事業に対する連携
■観光協会等が進める「余呉湖観光拠点づくり」及び「妙理の里観光拠点づくり」への支援

(2)都市と農村の交流促進
都市生活者の中には、新たなライフスタイルを見出そうと田舎暮らしを求める人々がいる一方、過疎化が進む農村では空き家、空き地が年々顕在化してきている。こうした地域課題を地域資源として活用し、都市生活者との交流を深め移住あるいは交流居住(二地域居住)を活発にしていくことが、元気な集落づくりにつながるものと考えられる。
そこで、いざない湖北定住センターが中心になって取り組む湖北地域への移住交流、定住支援の活動に参加 ・ 協力するとともに、都市との交流から生まれる地域の再発見、交流から受ける刺激による地域の自立と活性化を促進させる。

■田舎暮らしフェスタ2013への参画
■余呉町と大阪・姫里の子ども会交流への支援

 

3.農地を蘇らせ新たな地域農業の創造

過疎による農業後継者の不足に加え、農業者の高齢化や獣害による作付け意欲の減退により農業離れが進み、耕作放棄地を拡大させてきた。耕作放棄地の拡大は、地域農業  の衰退あるいは景観の悪化をもたらし、地域活性化にとって大きなマイナス要素となっている。
そこで、前年度に引き続き、地域内に点在する荒廃した農地を蘇らせ農業を復活させるための対策を関係者で考え、実践することで、地域農業を取り巻く課題を解消して新たな地域農業の創造をめざしていくこととする。
また、地域で採れる農林産物による特産品の開発、販路拡大等の取り組みも支援し、元気な地域農業の創造を図っていくこととする。

(事業内容)
(1)耕作放棄地の再生と活用
耕作放棄地所在地調査に基づき、再生可能な荒廃農地を再生し、「蕎麦・赤ジソ」など
適切な作物の作付けの実証とともに後継農業者の確保をめざす。

■耕作放棄地再生・活用対策会議の運営
■荒廃農地の再生と獣害対策  (蕎麦・赤ジソ・焼畑山カブラ栽培等の取組み支援)

(2)地域特産品の開発・販売イベントの開催支援
農業者の生産意欲を高めるため、農林産物の地域ブランド化や多様な販売機会の確保を関係団体と協力・連携して推進する。

■春の山菜まつり、秋の余呉湖まつり等農業イベントへの参画
■余呉米のブランド化や余呉地場産特産品の認定システムの開発支援
■近隣スーパーや朝市、道の駅、まちの駅等への販売支援



4.余呉地域の緑化推進事業の継続実施

引き続き、余呉地域内に居住する者の婚姻、出産を機に家庭で祝う記念樹を配布することで地域内の緑化をすすめることや、 余呉地域の名所あるいは特徴ある場所で市民活動団体等が行う緑化推進事業の経費の一部を助成する。
また、自治会や公共的団体が公共的空間の景観を維持するために行う除草作業に関して、財団が保有管理する「草刈り機械」の貸し出しにより環境保全の活動を支援する。

■寿記念樹配布
■余呉緑化推進事業費補助金の交付
■自走式草刈り機の貸出管理

 

5.財団財務基盤強化

財団の運営は、基本財産と旧余呉町から「合併後も余呉町が持続可能となること」を願って寄付された運営資金を資産に経営してきた。しかし、合併後市からの支援事業収入はなく、人件費や経常費支出を運営資金の取り崩しにより賄っており、あと数年で運営資金の全てを取り崩すこととなる。
そこで、「過疎地域の振興はどうあるべきか」について、長浜市や余呉町民等が真剣に考え、過疎地域にあっても「心まで過疎にならない」よう、みんなが知恵を出し、汗をかいて余呉町をいつまでも元気で誇りを持って住み続けたくなる町をめざすうえで、財団が果たす役割は何かについて議論を重ねていくこととする。

■「(仮称)財団のあり方検討会」の設置について
■財団運営経費の支出節減と効率的・効果的な事業の実施
■財団に新たに事業の推進役である「運営委員会」を設置する

 

6.その他財団目的を達成する事業の実施

ホームページや地域づくり協議会情報誌をはじめ、プレスや広報ながはま等を活用し、
地域情報をタイムリーに発信するとともに、地域の市民団体等が行うチラシやHPなどの
情報発信について技術支援を行う。

 

一般財団法人・湖北水源の郷づくり 〒529-0515滋賀県長浜市余呉町中之郷1159番地/TEL:0749-86-8037・FAX:0749-86-8047
Copyright(C)2010 Kohoku-suigennosatozukuri All Rights Reserved. 写真及び文書の無断使用はご遠慮ください。