滋賀県長浜市にある財団法人 「湖北水源の郷づくり」の公式ホームページです。
暮らしのQ&A(電話帳)
催しのご案内(最新の内容)
催しのご案内(一覧)
催しのレポート
市民活動のご紹介
施設とお店のご紹介
 
 
 事業報告 | 収支報告 |                     平成22年度 | 平成21年度
 
1.民間活動団体の支援およびネットワークの構築
地域の活性化には、地域で活躍する市民活動団体・グループが重要な役割を果たすこととなる。そこで、各地域の地域づくりを目的とする活動団体の人材発掘・育成あるいは行政および公共的団体との連携・協働が促進されるよう事業を展開した。
(1)水源の郷交流・研修会の開催
縁辺地域で活動する地域づくり協議会に参加を呼びかけ、活動事例や課題など情報交換と過疎・高齢化から生じる地域課題の解消のための研修の場をつくった。
■開催日時と場所など

○第1回 日 時:平成23年11月15日(火) 
場 所:長浜市高月公民館 
テーマ:地域の‘絆’づくりでまちを元気にする
−みんなで支える地域づくりのために−
(内容)・地域づくりがなぜ必要かをテーマに講演
・地域ぐるみによる自主防災の学習
(参加者)地域づくり協議会/
行政関係者他 合計29人

 
○第2回 日 時:平成23年12月15日(木) 
場 所:上丹生コミュニティセンター 
テーマ:都市から田舎へちょっと素敵な暮らしづくり
−田舎暮らしフェスタ2011からの報告−
(内容)・空き家・空き地を活かす地域課題の学習
・古民家再生の見学と意見交換
(参加者)地域づくり協議会/
行政関係者他 合計27人
 
○第3回 日 時:平成24年2月15日(水) 
場 所:余呉山村開発センター 
テーマ:地域農業が抱える課題とその対策
−余呉地域での実証研究の取り組み報告−
(内容)・地域ぐるみで取り組む獣害対策をテーマに講演
・余呉地域耕作放棄地再生の取組み報告
(参加者)地域づくり協議会/地域内農業団体関係者/
余呉地域耕作放棄地対策会議委員/
行政関係者他 合計36人
 
(2)水源の郷市民事業塾の開催
 過疎地域の活性と自己の働きがい、生きがいを求めて行動している個人やグループのマネージメントを指導し、事業展開を促進するためのサポートを行った。
■講師 潟lイチャースケープ、淡海ネットワークセンター
■開催日時
○第1回 昨年度受講生を対象に ステップアップのための講座
・開催日 平成23年10月29日(土) 
・内 容 ケーススタディ講座と個別相談
 
○第2回 新規受講生を対象に 事業立ち上げの基礎講座
・開催日 平成23年10月30日(日)
・内 容 コミュニティビジネス基礎学習と事業の描き
 
2.水源の郷の再生と新たなコミュニティの創造支援
 過疎高齢化が進む集落での集落機能・生活機能を維持するために、近隣集落間の連携による新たな相互扶助(共助)や外部支援の仕組みを構築して集落住民の自立を促す支援を行った。
(1)丹生まちづくり協議会(上丹生・下丹生・菅並・摺墨)の活動サポート
■支援内容・都市との交流事業開催のため助言、協力。
・協議会定例会[毎月1回]での助言、指導。会報「かわら版」の発行。
■丹生まちづくり協議会主催イベント
・平成23年6月5日 
都市交流イベント「里山散策とよもぎ摘み!古民家で餅つき体験!」
(参加者)20人、地元スタッフ28人
・平成23年11月3日 七々頭岳成子参り登山
・平成24年2月25日交流イベント
「火鉢を囲んで温たまり」
(参加者)6人(東近江市1人、高島市1人、市内2名、下余呉2人)
地元スタッフ14人
 
 
 
(2)過疎高齢集落への応援団派遣事業の協力
 社会福祉協議会が実施する、過疎高齢化により集落機能・生活機能が低下する集落へ集落機能維持のための応援団派遣事業に協力した。
■立命館大生等による夏のワークキャンプ 
平成23年8月23〜27日
菅並・摺墨・中河内集落
水路の泥上げ、土手草刈り作業
■立命館大生等による冬のワークキャンプ 
平成24年2月4〜6日
菅並・摺墨・中河内集落
大雪による除排雪作業
 
(3)都市と農村の交流促進
 空き家を地域資源として活かし、都市住民の移住を促すことで集落の再生につなげる湖北地域への移住交流イベントに実行委員組織として参加した。
■移り住むなら滋賀県・湖北 田舎暮らしフェスタ2011 
平成23年10月23日(日) 木之本町杉野 杉野小中学校
 
 
3.農業・地場産業の振興
 地域で採れる農産物による特産品の開発、販路拡大等の取り組みを支援することや耕作放棄地の再生、活用の方策を検討し実践することで、地域の主産業である農林業の振興を図った。
(1) 水源の郷特産品の開発、販売イベントの開催
水源地域の特産品の開発と販路拡大に向けたイベントを地域の団体と連携して開催した。
■山菜まつりの開催 平成23年5月7日(土)
実行委員会の構成:特産品販売組合・商工会・観光協会・
余呉湖漁業組合・ウッディパル余呉・
国民宿舎余呉湖荘・余呉支所
 

■秋の収穫祭への協力 平成23年11月5日(土)        
実行委員会の構成:商工会・特産品販売組合・観光協会・
ウッディパル余呉・国民宿舎余呉湖荘・
余呉支所

 
(2)耕作放棄地再生・活用、獣害対策研究の実践
過疎による農業後継者の不足や獣害等により作付け意欲の衰退で、拡大しつつある耕作放棄地を再生させるため、対策会議の設置と実証田で実践した。
■余呉地域耕作放棄地再生・活用対策会議の設置
余呉地域における耕作放棄地について関係者が集い、耕作放棄地の再生策および活用策等を協議し、実践することをもって、地域農業の振興に寄与することを目的に設置する。
・委 員 17名   ・助言者  4名   ・事務局 財団
1. 取り組みを単発化せず、余呉全体を考える仕組みとするためこの会議で余呉地域全体を協議し、 区域ごとの対応策を協議し、実践へ導く。
2. 当面の実証として小谷地区耕作放棄田の再生活用に取り組む。
会議の開催 
第1回 H23. 6.22 会議の発足、耕作放棄地対策の取り組み方について
第2回  7.19 作付け計画と作業実施工程、イノシシ対策について
第3回 10.26 経過報告と今後の取り組みについて
第4回    3.22 1年間の経過報告と集落組織調査等について
 
<小谷地区(169.5a)の作付け計画図>
■小谷地区の耕作放棄田(9筆165.9a)で再生・活用に取り組む
<対策前の状況>
・国道365号沿いの農地
・10年以上放置、雑木、雑草類が繁茂
・河川、山林が迫っている
<対応策>
・農地所有者と耕作代表者Aが賃貸借契約         
Aの借地に耕作希望者が作付けする。 
4筆(80a)は個人耕作・作付け (図D・E・G・H)
残り5筆(85.9a)は、対策会議で耕作・作付け
獣害対策
・外周にトタン柵と電気柵の2段設置(約700m)
畦畔等の草刈り
朝夕の見回り
<作業工程>
7月 圃場の草刈り、トタン・電気柵の設置 
8月 蕎麦の種子播き、見回り、除草
9月 見回り、除草
10月 蕎麦の収穫、乾燥
11月 トタン・電気柵の撤去         
<成果>          
獣害もなく無事、作物を収穫
田園風景が蘇り、沿線景観よくなった
イノシシ等の被害が少なくなった
 
<トタン・電柵の設置>  <そばの播種> <そばの収穫>
 
4.余呉地域の緑化推進事業
余呉地域内に居住する者の婚姻、出産を祝って記念樹を配布し、家庭から地域の緑化を進めることと、住民団体による名所や特徴ある場所での緑化活動に対して、事業費の一部を補助した。
また、住民団体等による公共的空間の景観を維持するために行う除草作業を支援するために自走式草刈り機を購入し、来年度からの貸し出しに備えた。
 

●寿記念樹の配布  婚姻1組 出生7人 苗木と標柱の配布
●余呉緑化推進事業費補助金の交付  2団体 2件 199,000円
●自走式草刈り機の購入
KIORITSハンマーナイフモアHRC802B1台 525,000円

 
5.公益法人制度改革に伴う移行法人事務
 平成20年12月、国の公益法人制度改革にかかる法制度が施行されていることから、当財団は今後も地域の財団として役割を担うには、平成25年11月末までに公益財団法人または一般財団法人のいずれかを選択し、認定(認可)の手続きを終えなければなりません。
 この法人移行手続きについて、平成23年度は、当財団にとって公益あるいは一般のどちらが相応しいかを財団役員で検討・協議を行い、平成25年4月には一般財団法人として新たな財団活動をめざすよう移行法人事務を行った。
 また、財団活動の継続には財務強化が必要なことから、地域資源を活用した収益事業実施の可能性をさぐる検討作業を、財団役員による作業チームで検討に入った。
□移行法人事務
H23.07.08/滋賀県総務課公益担当へ個別相談
   07.14/理事会で新公益法人制度について説明
   08.03/滋賀県総務課公益担当へ個別相談
   10.06/財団役員協議会で公益・一般財団法人の選択等について協議
   12.21/評議員会、理事会で
   12.22/最初の評議員選任方法について採決、一般財団法人定款(素案)を示す
□地域資源活用PJ会議
H24.2.29 第1回会議 ・地域資源の洗い出し、活用のイメージ・方向性について
   3.19 第2回会議 ・活用する地域資源の絞り込み、課題の抽出
 
6. その他の事業
(1)地域活動への参画と協力
余呉地域で住民自治をすすめようとする「地域づくり協議会」発足に向けて、設立準備から参画し協力しました。また、平成23年8月、旧余呉小学校を活用して開催されたLINK音楽サマースクールの地元実行委員会にも加わり、地域住民による元気な地域づくりの活動を支援しました。
 
 
(2)情報発信
○財団ホームページの運営と活用
財団の事業や地域イベントなど、地域情報を財団HPウェブサイトで紹介・発信しました。
○地域データの情報公開
・「余呉の団塊世代・高齢者生きがい発揮意向調査」
 
 
・「空き家・空き地の維持管理及び移住・交流に関する意向調査」
 
 
・「長浜市縁辺地域の農業の現状」
 
 
会議関係報告
1 理事会の開催
開催日時 審議・議決議案
平成23年 4月27日 書面決議 ・評議員の選任つき同意を求めることについて
5月26日 午後1時30分
・役員の報酬、手当、費用弁償に関する規程に基づき役員の報酬等を定めることについて
・平成23年度一般会計補正予算(第1号)および平成23年度水源の郷振興基金運営事業特別会計補正予算(第1号)について
・平成22年度事業報告の承認につき議決を求めることについて
・平成22年度決算報告の承認につき議決を求めることについて
7月14日 午後1時30分
・平成23年度事業の実施計画について
・水源の郷振興基金設置要綱の一部改正について
・水源の郷振興基金補助要綱の制定について
・平成23年度一般会計補正予算(第2号)および平成23年度水源の郷振興基金運営事業特別会計収支補正予算(第2号)
12月22日 午後1時30分
・平成23年度一般会計補正予算(第3号)および平成23年度水源の郷振興基金運営事業特別会計収支補正予算(第3号)
・財)湖北水源の郷づくりにおける最初の評議員の選任方法について
平成24年 3月28日 午後1時30分
・平成24年度事業計画(案)について
・平成24年度一般会計収支予算(案)および平成24年度水源の郷振興基金運営事業特別会計収支予算(案)について
・財)湖北水源の郷づくり保有機械管理・利用規程の制定について
・評議員の選任つき同意を求めることについて
 2 評議員会の開催
開催日時 審議・議決議案
平成23年 4月27日 書面決議 ・理事の選任つき同意を求めることについて
5月20日 午後7時30分
・役員の報酬、手当、費用弁償に関する規程に基づき役員の報酬等を定めることについて
・平成23年度一般会計補正予算(第1号)および平成23年度水源の郷振興基金運営事業特別会計補正予算(第1号)について
・平成22年度事業報告の承認につき議決を求めることについて
・平成22年度決算報告の承認につき議決を求めることについて
7月12日 午後7時30分
・平成23年度事業の実施計画について
・水源の郷振興基金設置要綱の一部改正について
・水源の郷振興基金補助要綱の制定について
・平成23年度一般会計補正予算(第2号)および平成23年度水源の郷振興基金運営事業特別会計収支補正予算(第2号)
12月22日 午後7時30分
・平成23年度一般会計補正予算(第3号)および平成23年度水源の郷振興基金運営事業特別会計収支補正予算(第3号)
・財)湖北水源の郷づくりにおける最初の評議員の選任方法について
平成24年 3月27日 午後1時30分
・平成24年度事業計画(案)について
・平成24年度一般会計収支予算(案)および平成24年度水源の郷振興基金運営事業特別会計収支予算(案)について
・財)湖北水源の郷づくり保有機械管理・利用規程の制定について
・評議員の選任つき同意を求めることについて
 

一般財団法人・湖北水源の郷づくり 〒529-0515滋賀県長浜市余呉町中之郷1159番地/TEL:0749-86-8037・FAX:0749-86-8047
Copyright(C)2010 Kohoku-suigennosatozukuri All Rights Reserved. 写真及び文書の無断使用はご遠慮ください。